忍者ブログ

2017
12
16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/16 (Sat.)

2010
10
08

真女神転生if はセカイ系?

こんなタイトルを付けたが、実は「セカイ系」という言葉が何を意味するのかはよくわかっていない。のでまずは東浩紀による「セカイ系」の定義。

・セカイ系とは「「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、「世界の危機」「この世の終わり」などといった抽象的な大問題に直結する作品群のこと」

わかったようなわからないような・・・

次に「セカイ系の特徴」。
・国家や国際機関、社会やそれに関わる人々がほとんど描写されることがない

なるほど。それなら「真女神転生if」は「セカイ系」かもしれない。

「真女神転生1&2」の世界には、「宗教」、「政治」、「軍事」など、国家や社会に関わる人々の描写があるし、「世界の崩壊」の根本原因は、「神と悪魔の戦い」である。一方、「if」の世界は学校内に限られ、「セカイの崩壊」の原因は「ハザマという一個人の心の闇」だ。

断っておくが、「if」は決してつまらないゲームではない。私もユミルートとアキラルートはプレイした。しかし、「真女神転生1・2」の魅力である「重々しさ」や「現実社会を想起させるリアルさ」は感じられない。

「if」は、「ペルソナ」の前身とも考えられるから、「ペルソナ」も「セカイ系」なのかもしれない。、もっとも「ペルソナ」にはある程度の社会性を感じる。財閥とか出てくるし。が、「軽い」、「社会より心の中を重視」という点では「真女神転生1・2」の世界とは違う。「宗教観」というか「属性システム」がないのが一番の違いだがw

「if」はまた、「女神転生の原典」に忠実な作品でもある。原典においても、「悪魔を呼び出してしまった原因」は主人公の心の問題でしかない。考えて見れば、原典はあくまで「ライトノベル」なんだから、「セカイ系」なのは当然かもしれない。

2010年の時点では、「セカイ系はもう終わった」らしい。飽きられたのかもしれない。ならば、もう一度「真女神転生」のあの良さを(テーマの重さ、社会性等々)、といいたいところだが、無理だろうな…

PR

2010/10/08 (Fri.) Trackback(0) Comment(0) メガテン

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

ブログ内検索

最新記事

リンク

色々貼り付け


    follow me on Twitter

    カテゴリー

    プロフィール

    HN:
    t2001t2001
    性別:
    非公開

    コガネモチ

    忍者アド

    アーカイブ

    最古記事

    カウンター

    最新TB

    バーコード

    RSS