忍者ブログ

2017
06
24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/24 (Sat.)

2009
07
27

序章分析1

序章で気になるポイントを考察する。

かぎっ子」:
主人公が帰宅しても親はいない。原典が想定している時代=80年代ではまだまだ専業主婦が多かった。つまり「かぎっ子」がある特殊な状況を意味していた。二つのケースが考えられる。

・家庭の経済状況が悪く、母親も働かざるを得ない家庭(現在ではこちらが多いのか?)。
・母親に特殊な才能があり、仕事がある意味娯楽である家庭。

もちろん、原典の主人公の家庭は後者である。

死者の書」:
有名なのはエジプトの同名の書だが、チベットのものとも考えられる。

ナコト写本」:
クトゥルフ神話から。

PR

2009/07/27 (Mon.) Trackback(0) Comment(0) 女神転生原典講読

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

ブログ内検索

最新記事

リンク

色々貼り付け


    follow me on Twitter

    カテゴリー

    プロフィール

    HN:
    t2001t2001
    性別:
    非公開

    コガネモチ

    忍者アド

    アーカイブ

    最古記事

    カウンター

    最新TB

    バーコード

    RSS